見かけ倒し風俗体験
お勧めサイト
フリースペース

風俗体験ブログのご紹介

風俗体験デラックス

TOP

見かけ倒しってわけじゃない風俗体験集

勢いに圧倒された

趣味はデリヘル。そう言っても過言ではないのだが、好みの問題もある。出来れば大人しい子が好みなのだが、どう言った訳かこの前指名したのはかなり元気な子だった。うるさいとまでは言わないが、よく喋る子だなというのが正直な印象だ。だがむしろそれが良かったのかもしれない。それまであれこれ話していた明るい子がいざプレイになったら大人しくなる。普段から静かな子だったらそんなギャップを感じる事はない。だが普段というか、普通の時はあれこれ喋っていた子が押し黙ってこちらの攻めに感じていたり、する姿の方が萌えるというのはある。むしろそれに気付かせてくれたという点では自分にとってはエポックメイキングだったのかもしれない。まぁ堅苦しい事を言ってしまってはいるが、明るい子とのプレイがここまで楽しいものだとは思わなかったということで、これからは明るい子を呼んで、そのギャップを楽しんでみるのも良いかもしれないなと思わされた。

気合いを入れて楽しんできました

先日の事、かなり久しぶりにデリヘルを楽しんできたんです。生半可な気持ちではなく、かなり気合を入れてきました(笑)気合いを入れてデリヘルっていうとおかしいかもしれないですけど、自分としては中途半端な気持ちではなくて、その日はとことん楽しんでやろうって思っていたんです。久しぶりっていうのもあったし、指名した美鈴にはかなりお世話になっているっていうのもあったので自分としても安心してプレイを楽しめるだろうなっていう信頼もあったんですよね。それに120分のプレイにしたので、長時間楽しめるなと。それで楽しんできました。気合いって言うとちょっと硬い表現かもしれないですけど、自分としてもかなり楽しめましたね。やっぱりデリヘルっていうのは本当に楽しいです。気持ちよいっていうのも含めて楽しいっていうのがあるんですよね。女の子と二人きりになって楽しめるだなんて、自分にとっては夢のようなシチュエーションそのものですから。

想像もつかないような女の子でした

ほんと、恥ずかしながら50歳を過ぎてのソープデビューですよ。というのも女房が入院中で、年の割には精力がありあまっている私なので、夜が寂しくてしかたないんです。一応世間的にはそれなりの地位にいるのですが、愛人を囲うほどの甲斐性もなし・・ですからね。となれば必然的に浮かんでくるのが風俗ですよ。しかし、安っぽいところは嫌なので、高級店に的を絞って探した結果、この高級ソープ店に行くことにしたんです。あらかじめTELで問い合わせた上で入店です。重厚な歴史のありそうな店構えの入口から奥の応接室風の待合室に通してもらいます。しばし待って指名した女の子と対面。彼女に促されてプレイルーム行きました。相手の女の子は、スレンダーなのに出るべきところは出ているプロポーションで均整のとれた若々しいボディがまぶしいですね。色白で礼儀も正しくここで会わなければ到底ソープ嬢とは想像もつかないような女の子でした。ですからこれから裸になって肌を合わすという感じではなかったです。